SLAPMOBLER

Line

INFORMATION

2019.07.23

長すぎないひじ掛けがちょうど良い 「ドムスチェア」

フィンランドのデザイナー イルマリ・タピオバーラが、

ヘルシンキの学生寮ドムス アカデミカのためにデザインした

artek(アルテック)ドムス チェア。

寮で暮らす学生たちが部屋で本を読むときに使う椅子として開発されたため、

長時間机に向かったときにも疲れにくく、きちんとした姿勢を促してくれます。

 

ドムスチェアはその快適な座り心地から、家庭用のダイニングチェアとしても親しまれています。

小さく突き出たひじ掛けは、ひじ置きとしての十分な役目をきちんと話しながら、

座ったり立ったりする際に邪魔にならなず、

また使わないときはテーブルに椅子を引き寄せてコンパクトに納めやすいように考慮されています。

小さく突き出たアームレストは、肘置きとしての役割をきちんと果たしながら、

テーブルに椅子を引き寄せやすいようい考慮したものです。

 

 

ドムス チェアはさまざまな仕上げ、張地のバリエーションがございます。

お気軽にご相談ください。

 

OTHER INFORMATION

TOPへ戻る