SLAPMOBLER

INFORMATION

2019.07.25

食卓だけでなくリビングにも!ルイスポールセン「PHスノーボール」

〝ペンダントライト〟というと、日本では食卓用のイメージが強いですが、

リビングも一般的なシーリングライトをやめて、ペンダントライトに変えると、

ぐっとおしゃれで心地よい空間になります。

 

リビングにペンダントライトを選ぶ際は、

見た目の好みで選ぶのはもちろんですが、重要なのが「配光」。

 

 

たとえば、北欧照明の定番 ルイスポールセン「PH5」。

メインシェードが下向きになっているので、

真下を効率良く明るく照らすのに対して、周囲には光が広がりにくい形状です。

そのため、食事や作業をするテーブル面をしっかり照らしたいダイニングには最適ですが

広い範囲を照らしたいリビングの照明としては不向きといえます。

 

それに対して、「PHスノーボール」はメインの羽根が水平に伸びており、

光が広がるように設計されているため、多目的な用途で使われるリビングに向いています。

もちろん、真下もしっかり明るいので食卓のあかりとしても最適です。

ぜひ店頭で光の出方も見ながら照明器具を選んでみてください。

ご来店をお待ちしております。

 

 

▼「PHスノーボール」のあるリビング

K apartment

OTHER INFORMATION

TOPへ戻る