SLAPMOBLER

Online

INFORMATION

2020.03.27

新入荷 / アイノ・アアルトが手掛けた「AMA500 ペンダント」復刻

20世紀を代表する名作デザインの復刻

アルヴァ・アアルトとアイノ・アアルトがともに設計したマイレア邸は20世紀建築の中でも類を見ない傑作住宅として知られています。アルテックの創業者の一人であるマイレ・グリクセンと、その夫ハッリ のためにアアルト夫妻が手掛けたマイレア邸には、モダニズムの中に人間らしい温かさと有機的な柔らかさを加えたヒューマンモダニズムという、彼ら独自の哲学が表現されています。今でもマイレア邸の図書室では、当時から変わることなく「AMA500 ペンダント」がデスクやダイニングテーブルを温かな光で照らしています。2019年、アルテックは「AMA500ペンダント」を復刻しました。

 

食卓におすすめ

柔らかな光を放つスチール製のAMA500ペンダントはダイニングテーブルやデスク上の一灯として吊るすのに最適なサイズです。幅の広い開口部からは豊かな光が落ちシェード上部の真鍮リングは、わずかに上部から漏れるよう計算された光を反射して美しく輝きます。ホワイトに塗装されたシェードの内側で反射し合い明るさを増した光は開口部の真鍮リングを通ることでまぶしさが軽減され柔らかく放たれます。

 

ダークグリーンは数量限定なので、お早めに。

カラー展開は定番となる「ホワイト」と特別色の「ダークグリーン」の2色。マイレア邸にの図書室に吊るされている深緑色のAMA500ペンダントを再現したダークグリーンは、数量限定販売です。

 

オンラインストアでは送料無料で全国にお届けしております。

また、実店舗では数量限定の「ダークグリーン」を展示しておりますので、ぜひお立ち寄りください。

 

▼今回ご紹介した商品はこちら。画像をクリックして商品の詳細をご覧ください。

 

OTHER INFORMATION

TOPへ戻る