SLAPMOBLER

Online

INFORMATION

2021.09.01

【期間限定】Louis Poulsen | PH 2/2 クエスチョンマーク テーブルランプ

いましか手に入らない!

年に一度、ルイスポールセンから限定生産されているPH ランプのリミテッド ・エディション。今年は特徴的な「 ? 」マークのシルエットの「PH 2/2 クエスチョンマークテーブルランプ」が限定モデルとして登場します。疑問符を思わせる特徴的なシルエットと美しい乳白ガラスシェードのコンビネーションにより、上質で豊かな雰囲気ただよう空間へと導きます。オリジナルデザインに忠実なリミテッド・エディションは、毎年 販売終了後もお問い合わせが絶えないほど注目を集めています。2022年1月31(月)までの期間限定、限定店舗のみでの販売となっておりますので、お見逃しなく。

 

ヴィンテージ市場で人気のPH クエスチョン

表情豊かな曲線をなすステムの形状から、“クエスチョンマーク”と命名されました。オリジナルの「PH 2/2 クエスチョンマーク」は、様々なバージョンで1950年代半ばまで生産されていました。いまではヴィンテージ・マーケットで高値で取引される希少なモデルとなっています。

 

丸くぽってりとしたPH 2/2

ポール・へニングセンは、1926年に開発した3枚シェードシステムに基づき、1931年、眩しさのないグレア・フリーの光を放つオリジナルの「PH 2/2 テーブルランプ」を設計しました。PHランプのモデル番号は、シェードのサイズを表しています。PH 2/2などの原型モデルは、直径約20cmのトップシェードに、対応するミドルシェードとボトムシェードがセットされています。シェードの比率はおよそ3:2:1で、PH 2/1などのハイブリッドサイズと比較して、より丸くコンパクトな外観です。

 

PH伝統の機能的なあかり

理想的で柔らかな雰囲気を作り出すために、ハンドメイドのガラスが用いられています。外側と内側の層に光沢ある透明ガラスを用い、真中の乳白ガラス層をサンドイッチした三層構造です。さらに、電球から直接光を受けるシェードの内側はサンドブラスト加工を施したマット状になっているため、目に心地よいソフトな光を反射し、均等に拡散させます。シェードから放たれる光はテーブル面を最も明るく照らし、同時に上方に向けて心地よい光を拡散します。クラシックでありながらひと目でPHランプと認識できるほどに、遊び心も持ち合わせた特徴のあるデザインです。「PH 2/2 クエスチョンマーク」は、ステム中央部のハンドルを回すと、ランプの角度を変えることが可能です。左右に最大45度まで傾けることができ、必要な場所に配光ができるので、読書や作業灯に適しています。機能性を重視し、質の良いあかりと職人の技術を追求してきたPH伝統の証といえます。

 

オリジナルモデルを踏襲した素材づかい

支柱やベースは、1931年設計のオリジナルモデルにならいツヤのない無塗装の真鍮色に仕上げで、時の経過とともにひとつひとつが異なる美しい古味をおびていきます。また、ポール・ヘニングセンが1927年に発表したテーブルランプのスイッチとブラウンのファブリックコードを採用しています。ポール・ヘニングセンのレガシーに敬意を表し、ディテールに至るまでオリジナルに忠実です。ベース部分には限定品の証としてポール・ヘニングセンのイニシャル「PH」が刻まれています。

 

使いやすいサイズ

定番の PH 2/1 よりひと回り大きい「PH 2/2 クエスチョンマークテーブルランプ」は、あらゆるスペースに合わせやすいサイズ感も魅力です。机の上や空間のサイズなど気にせず、お使いいただけます。

 

 

ポール・ヘニングセン1894-1967

ポール・ヘニングセンは、デンマークの女優アグネス・へニングセンを母として、コペンハーゲンに生まれました。1911年から14年にフレデリクスベアのテクニカル・スクールで、1914年から1917年にコペンハーゲンのテクニカル・カレッジで学びました。伝統的な機能主義建築をキャリアのスタートとした後、彼の興味は照明分野に移っていきました。ルイスポールセン社とのコラボレーションは1925年に始まり、1967年に亡くなるまで続きました。ルイスポールセン社は今日までも、へニングセンの天才の恩恵を受けています。ポール・へニングセンは、ルイスポールセン社の広報誌「NYT」の最初の編集者となりました。この「NYT」誌は、当時のルイスポールセン社CEO、ソーフス・カストラップ・オルセンが、デンマークの新聞紙からライターとしての活動の場を追われたへニングセンに、プレゼントとして提供したものです。(彼の政治的、文化的意見は当時、かなり急進的なものでした。)ポール・へニングセンがパイオニアとして切り開いてきた照明分野の業績—影と光、グレア、光による色の再現、そしてそれら光の特性を人間の福利に結びつくように利用することは、いまもルイスポールセン社が実践するライティング・セオリーの基礎となっています。光をかたちづくる、というルイスポールセン社のデザインは、1926年にポール・ヘニングセンが完成させた3枚シェードシステムのPHランプが持つ、デザインと光の二重性に遡ることができます。光と影、フォルムと機能、モダンとクラシック。光と製品のクオリティーの高さは、クラフツマンシップと新しいテクノロジーの両立で保たれます。

 

 

Louis Poulsen | 

【期間限定】PH2/2 The Question Mark,LimitedEdition

PH 2/2 クエスチョンマークテーブルランプ

仕上・材質 | 乳白ハンドメイド三層吹きガラス 内面はフロスト仕上.

支柱、ソケットカバー、ベースプレート真鍮ヘアライン仕上(無塗装).

ダークブラウン色テキスタイルコード.本体ゴースルースイッチ付.

光源 | E26 LED電球(白熱40W相当)

サイズ・質量200 x 410 x 275 mm. 1.9kg.

販売価格 | ¥194,700(税抜価格¥17,7000)

販売期間 | 2021年10月1日-2022年1月31

*展示の入荷遅れに伴い、販売期間が1ヵ月延長されました

「PH 2/2 クエスチョンマークテーブルランプ」についてご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

 

OTHER INFORMATION

TOPへ戻る