SLAPMOBLER

Online

INFORMATION

2023.11.22 / / /

 イタリアモダンライトコレクション開催 FLOS & Artemide 【 Artemide】

照明の造形的な美しさと、空間に与える奥行きの変化は、私たちにこの上ない心地良さをもたらします。灯りにやすらぎや美意識を見出すのは世界共通。

洗練されたデザインと優れた機能性を併せ持つイタリアの照明は、住宅はもちろん公共施設や店舗など様々な空間で採用されています。今回の展示ではFLOS/フロスとArtemide / アルテミデに焦点を当て、代表作を過去最多数(!)ご紹介します。

Artemide / アルテミデ
1959年の創業以来、斬新で大胆なデザイン開発力で世界的評価を受けています。エルネスト・ジスモンディをはじめとする名だたるデザイナーの作品が発表され、アルテミデの歴史そのものがイタリアデザイン史と言っても過言ではありません。
アルテミデの照明は、現代デザインのデザインアイコンとして国際的に認知されており、ほとんどの近代美術館やデザインコレクションにて展示されています。

 


 

TIZIO
リチャード・サパーによりデザインされたモダンなフォルムの美しさと画期的な構造は、石油堀削機をヒントにしています。カウンターウェイトにより動きが自由自在なアームは、低圧電流により本体コードレス化が実現されました。機能性によりニューヨーク近代美術館(MOMA)の永久コレクションにも選ばれています。
W780-1090×H320-1180
LED 10W 3000K
¥124,300/ white/black
¥132,000,300/ red

 


 

TAKKU
タックは、ノーマン・フォスター率いる世界的設計事務所、フォスター・アンド・パートナーズが手がけたポータブルライト。シンプルでニュートラルなデザインは、オフィスや住宅などあらゆる空間で、建築に調和しアセットとして機能します。空間の考え方がより流動的になる現代、照明のあり方もより動的になっており、タックもまたそうした状況に適応したスタンドライトといえます。環境への配慮という面でも世相に対応しており、本体にはリサイクルアルミが採用されています。
Φ180×H190
LED 2.5W 3000K
¥74,800

 


 

60年代からのイタリアンデザインのアイコンであるネッソ。そのネッソよりも小ぶりなネッシノが登場しました。当時、近代的な生活へ変遷する時代で、デザインプロダクトにプラスチックが初めて使用されはじめました。自然からインスピレーションを得たネッシノのフォルムは、工業生産技術への挑戦でもありました。(画像はNESSINO)

NESSO
Φ540×H340
E17 LED 2700K(40W相当)×4
¥165,000
NESSINO
Φ320×H222
E17 LED 25W 2700K×4
¥110,000

 


 

CURIOSITY 36 with SPHERE
ステージのスポットライトを思わせるムードのあるポータブルテーブルランプです。USB充電式。お気に入りの小物をより美しくディスプレイするためにデザインされました。思い出の品やお気に入りのオブジェなどを美しくディスプレイできます。シックな間接照明としても。(画像はCURIOSITY 36)
W180×H360 / シェード付
LED 1.7W 3000K
¥79,200

 


 

TOLOMEO MICRO
ミケーレ・デ・ルッキとジャンカルロ・ファッシーナがデザイン。タスクライトの傑作として登場から30年以上にわたって世界中で愛され、フロアランプやウォールライトなどバリエーションも数多く生まれています。
W450-690×H370×730
E17 ミニクリプトンランプ ホワイト 40W
¥74,800/black・silver・red

 


 

ゴップルランプは、デンマークの建築家、ビャルケ・インゲルスが主宰する BIG(ビャルケ・インゲルス・グループ)が手がけたガラス製のライトです。ヴェネチアガラスの伝統的な吹きガラスの製法で作られ、シルバーとコッパーのタイプは、金属のような美しい輝きを放ちます。(画像はGOPLE TABLEと同シリーズのミニタイプ)

GOPLE TABLE
Φ180×H485
E26LED 100W
¥209,000/bronze

GOPLE FLOOR
Φ210×H1700
E26 LED(100W相当)
¥297,000/white

 


ECLISSE
月食を意味するイタリア語。シェードの重なりから漏れる光を、月食に見立てた。二重のシェードを回転させて明るさを調整できます。
Φ120×H180
E17 ミニ球ホワイト 25W
¥63,800

 


私にとってアルテミデの照明は、インテリア雑誌や建築家の事務所、モデルルームなどで見るスタイリッシュなイメージ。実際見ると段階的に暗くなる調光は寝室に最適ですし、照らす場所の調整が自由自在なタイプはデスクやソファサイドに。うっすら色がついたガラスのシェードはずっと眺めていたい窓際に。置きたい場所が明確に浮かぶののも魅力です。限定となる貴重な期間、ぜひ足をお運びください。

 

期間 2023年 11.21(火)-12.25(月)
場所 スラップモブラーそごう広島店7階(イベントスペース)

 

展示やご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

OTHER INFORMATION

TOPへ戻る